2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悲しみよこんにちは」  フランソワーズ・サガン著 朝吹登水子訳 - 2012.07.25 Wed

夏になると思いだす本がある。
この本を読んだ時期は夏ではなかったような気がする。
本の主人公セシルは17歳の少女。
この本の舞台となっているのは夏の南仏の海岸。

主人公セシルの夏の出来事を
ぼんやりと
頭に思い浮かべる。

「私は海の底に水色とバラ色の美しい貝のような石を見つけた。
私はそれを採るためにもぐった。
私は昼食まで、優しいすりへらされた石を手の中ににぎっていた。
私はそれが幸福のマスコットで、夏じゅうこれを離さないでいようと思った。
私がどうしてこの石を失くさなかったかわからない。
なぜなら、私は何でもみんな失くしてしまうから.......。
今日、この石は桃色に、暖かく私の手の中にあって、私を泣きたくさせる。」


新潮文庫から朝吹登美子さんが訳されている本と
河野万里子さんが訳されて新訳コレクションとして
出版されている本があります。二冊とも読みました。



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

みどりのほし

Author:みどりのほし
女性 

本があると幸せ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
哲学 (9)
おしゃれ (1)
新書 (2)
音楽 (2)
芸術 (11)
文芸 (11)
日記 (22)
本にまつわる日記 (20)
文芸+長編詩 (1)
映画 (1)
文芸+芸術 (1)
生田耕作 (1)
アンドレ・ブルトン (1)
田中慎弥 (1)
堀江敏行 (1)
ジョルジョ・アガンペン (1)
和辻哲郎 (1)
マルクス・アウレーリウス (1)
宮沢賢治  (1)
マクニール (1)
ジャン・ボードリヤール (1)
三田完 (1)
小川洋子 (1)
江國香織 (1)
松本清張 (1)
パウルベッカー (1)
田中 純 (1)
マルセル・ブリヨン (1)
リディアディヴィス (2)
岡倉天心 (1)
川端康成 (3)
ロバート・L.ハイルブローナー (1)
安部公房  (1)
チャールズ・シミック  (1)
アドルフ・ロース (1)
シュー・ヤマモト (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
難波里奈 (1)
ギュスターヴ・フローベール (1)
エイミー・ベンダー (1)
尾崎翠 (1)
ブローティガン (1)
村上春樹 (1)
チャペック (1)
サガン (1)
ジョイス (1)
芸術+哲学 (1)
三島由紀夫 (1)
コルタサル (1)
円地文子 (1)
建築 (1)
加藤周一 (1)
ドストエフスキー (1)
丸谷才一 (1)
鈴木大拙 (1)
クッツェー (0)
哲学+文芸 (1)
リディア・デイヴィス (0)
堀江敏幸 (0)

ご訪問ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。