2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『山の音』 川端康成 著  新潮文庫 - 2012.11.13 Tue



この作品は一章それぞれに
独立した短編の形で発表された作品を
全体の構成の部分としてとらえ
長編小説として完成させたものである。

どうしてその作者の書いた文章に惹かれるのか。
この作品のなかには能面、
渡辺崋山の墨絵「風雨暁鳥図」
宗達の子犬の水墨、
利休忌、
鎌倉を舞台にした四季の草花、情景
この小説は夏の時季からはじまり
日まわり、秋の月、公孫樹、萩、薄、栗、寒桜、
黒百合、鳶の鳴き声。
それぞれの章で四季を感じる日本の心象風景を描き出す。

加藤周一は『日本文学史序説』で
「川端の小説のなかの女は、
―男も同じことだから、むしろ登場人物は、というべきかもしれない―
すべて影が薄く、
人間としての重みがなく、
ただ感覚的な一場面を作るための要素として描かれている。」
「女の物化、があり、他方には、物の官能化がある。
女は焼物の如く、焼物は女の如くである。
いや、焼物に限らない。冬の夜の天の河でさえも
川端にとっては、なにか艶めかしいのである。」と述べている。

川端康成の作品を読み進め、
ページをめくる手を止めて
しばしその言葉を鑑賞してしまうのは
物を官能的に描いている、その部分であったりする。
そこに描かれる人間の感情は、
女性が語る美しい言葉使いもあいまって
詩を読むように乾いていて、
イメージとして残る。


先月、観た映画「白夜」の監督をしたロベール・ブレッソンも
人間の感情を抑制して描き、ストーリーを進める上で
物を撮るように映したという事を思い出した。

川端は1899年生まれ。ブレッソンは1901年生まれ。
同じ頃に生まれた二人。




スポンサーサイト

● COMMENT ●

積読

みどりのほしさん、こんにちは。

この本、だいぶ前に買って積読になってるんですよ。
たまには昔の文学でも読むか! って気合入れて。
だけど、1ページも読まないまま積読本の山の中に埋まってます。

みどりのほしさんのこの記事を読んで思い出しました^_^;
これも何かの縁(?)だと思うので、読んでみます。

みっちーさんへ

みっちーさん、こんばんは。

この本、積読本の山の中から発掘して今度読んでみて下さい。
この機会に、ぜひ(^^)。

そんなわたしも『雪国』は最後まで読まずに積読になっているので
冬を迎えてこの機会に読んでみようかと思ってます♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://happystar478.blog.fc2.com/tb.php/131-9bd18816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『樹影譚』 丸谷才一著  文春文庫 «  | BLOG TOP |  » 午後3時

プロフィール

みどりのほし

Author:みどりのほし
女性 

本があると幸せ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
哲学 (9)
おしゃれ (1)
新書 (2)
音楽 (2)
芸術 (11)
文芸 (11)
日記 (22)
本にまつわる日記 (20)
文芸+長編詩 (1)
映画 (1)
文芸+芸術 (1)
生田耕作 (1)
アンドレ・ブルトン (1)
田中慎弥 (1)
堀江敏行 (1)
ジョルジョ・アガンペン (1)
和辻哲郎 (1)
マルクス・アウレーリウス (1)
宮沢賢治  (1)
マクニール (1)
ジャン・ボードリヤール (1)
三田完 (1)
小川洋子 (1)
江國香織 (1)
松本清張 (1)
パウルベッカー (1)
田中 純 (1)
マルセル・ブリヨン (1)
リディアディヴィス (2)
岡倉天心 (1)
川端康成 (3)
ロバート・L.ハイルブローナー (1)
安部公房  (1)
チャールズ・シミック  (1)
アドルフ・ロース (1)
シュー・ヤマモト (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
難波里奈 (1)
ギュスターヴ・フローベール (1)
エイミー・ベンダー (1)
尾崎翠 (1)
ブローティガン (1)
村上春樹 (1)
チャペック (1)
サガン (1)
ジョイス (1)
芸術+哲学 (1)
三島由紀夫 (1)
コルタサル (1)
円地文子 (1)
建築 (1)
加藤周一 (1)
ドストエフスキー (1)
丸谷才一 (1)
鈴木大拙 (1)
クッツェー (0)
哲学+文芸 (1)
リディア・デイヴィス (0)
堀江敏幸 (0)

ご訪問ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。