2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメの本を50音順に並べてみました。 - 2012.04.21 Sat

ブログを拝読させて頂いている方から教えて頂き
本のタイトルを50音順に揃えて紹介。(教えて頂きありがとうございます。)
自宅の本棚の前でどれが良いかしらと選ぶ時間が楽しかったです。

小説以外の中から選んでみました。選んだのはエッセイ、哲学、歴史、実用書などです。
コメントもほんの少し書き添えました。購入したきっかけなど。

A.R.Iのお菓子の提案Deiryマフィンとビスケット森岡 梨(モリオカ・アリ) サーモンクリームチーズもあり
イタリア的カテゴリー ジョルジョ・アガンペン装丁がカッコ良いイタリア人らしき人が手にしていたのを目撃
ウィトゲンシュタイン入門  永井 均     ウィトゲンシュタインに興味があったので。 
英国式15分家事術     15分という時間に惹かれました。       
オスカーワイルド長くて、美しい自殺メリッサ・ノックス著 サロメを読み著者自身を知りたくて。
上高地 奥飛騨温泉郷 タビリエシリーズは使われている紙の質感が好みです。
京都読書さんぽ  京都への旅に出る時に、読書、さんぽと好きな言葉がタイトルにあるので。
暮らしの哲学 やったら楽しい101題ロジェ=ポル・ドロワ著内容が楽しいです。     
見仏記     いとうせいこう みうらじゅん 文章とイラストのハーモニーが好き。
コーネルの箱  チャールズ・シミック著 柴田元幸訳 コーネルの作品と著者の文が静謐。
坂口安吾エッセイ選日本文化私観  堕落論読後に購入。
写真と古道具のくらし 古道具を使って写真を素敵に。刺しゅう糸や安全ピンで可愛いアコーディオンブック
スイス鉄道の旅  地球の歩き方の鉄道版 掲載されてる写真がとっても綺麗です   
青春の終焉   三浦 雅士 日本文学の歴史を知りたくて。著者が1970年代ユリイカ、現代思想の編集長
装飾と犯罪   アドルフ・ロース  以前読んだ書籍に関連してロースが出てきたので。
探求Ⅰ     柄谷行人  哲学書ばかり読んでいた時期に。
小さなものの諸形態   市村弘正  本の中で紹介されたのを見て。
つまみぐい文学食堂   柴田元幸  柴田氏が海外文学の中の食べ物を紹介。楽しいです。
(探索中) 
東京に暮らす1928ー1936 イギリスの外交官の妻の著者のエッセイ
夏目漱石      江藤 淳  夏目漱石の小説を熱心に読んでいたので。
日本文学史序説(下) 加藤周一  こちらも日本文学の歴史を知るために。
(探索中)
猫  井伏鱒二 クラフト・エヴィング商會のデザインの本はオシャレ。作家の猫への愛が感じられる
能楽への招待    梅若楢彦  能楽は良いです。
幕末史       半藤一利  幕末の歴史がわかりやすく書かれているので。
コー―の基礎知識 アレンジコーヒーの作り方、道具の紹介、お取り寄せビーンズショップガイド掲載
藤田嗣治「異邦人」の生涯    新聞の書評欄を見て。
(探索中)
本は読めないものだから心配するな 管 啓次郎  タイトルが気になり。帯に読書の実用論とあります。
また逢いましょう   瀬戸内寂聴、 永平寺貫首だった宮崎奕保 おふたりの対談があります。
道の手帖西田幾太郎   この哲学者の本を読んでいた時期に。 
(探索中)
文字の刺繍 小田原真喜子 カリグラフィーの文字の刺繍アーティフィンシャルアンシャル体とかあります。
やわらかなレタス 江國香織   この作家の文章の空気感が好き。
ユルスナールの靴 須賀敦子 <きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ>
ヨーロッパの乳房  澁澤龍彦   ヨーロッパの紀行文を読みたくて。    
ラテンアメリカ十代小説  木村榮一  ボルヘス、ガルシア=マルケスなどの作家の翻訳者による作品案内。
デパ地下&デおかず おしゃれなお惣菜デリのレシピ 写真がとっても綺麗です。
ルノワール  光と色彩の画家 賀川恭子 芸術は大好きです。
(探索中)
チェコスバキアめぐりカレル・チャペック旅行記コレクションオランダのも読むプラハとフェルメールのため
若い読者のための短篇小説案内  村上春樹 この本の中で案内されている小説の本をほとんど買いました。
幸せのお茶時間探しにロンドンのアフタヌーンティ『旅』新潮社雑誌の特集 もう出版されていないのが残念
陰影論 デザインの背後について 戸田ツトム 装丁論を読みたくて。

ご覧頂きありがとうございます。どうしても無い本は含まれている文字で…スミマセン
実用書も活用目的でなくても写真や文を読むだけでも楽しめる本です(*^_^*)
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは

お邪魔いたします。
わあ、早速やられたんですね♪

それにしても面白い。
他の方の本棚を拝見するのって、
なんでこんなに面白いンでしょうか(笑)。

コメントがつけてあるのもいいアイデアですねー。

自分は小説にジャンルを絞ってやりましたけど、
バラエティにとんでるのも見ていてとっても楽しいです(^^)。
(ウィトゲンシュタインと探求とヨーロッパの乳房は私も読みましたよw)

ではまた。

舞狂小鬼さま、こんばんは

ご覧頂いて、コメントも頂きとてもうれしいです。
ありがとうございます。

ブログを拝見した後、すぐに選びはじめました。
とても楽しそうだったので(^^)。

コメントもなんとなく書き添えたくなって
つけてみました。

部屋の本棚の前で考えながら選んでいるうちに
旅の本とか料理の本とかも楽しそうと思って
このようになりました(笑)。
(同じ本を私も読んでいたんですね。うれしいですw)

またブログ拝見させて頂きます(*^_^*)









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://happystar478.blog.fc2.com/tb.php/36-97347707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「コーネルの箱」 チャールズ・シミック  文藝春秋 «  | BLOG TOP |  » 本の友

プロフィール

みどりのほし

Author:みどりのほし
女性 

本があると幸せ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
哲学 (9)
おしゃれ (1)
新書 (2)
音楽 (2)
芸術 (11)
文芸 (11)
日記 (22)
本にまつわる日記 (20)
文芸+長編詩 (1)
映画 (1)
文芸+芸術 (1)
生田耕作 (1)
アンドレ・ブルトン (1)
田中慎弥 (1)
堀江敏行 (1)
ジョルジョ・アガンペン (1)
和辻哲郎 (1)
マルクス・アウレーリウス (1)
宮沢賢治  (1)
マクニール (1)
ジャン・ボードリヤール (1)
三田完 (1)
小川洋子 (1)
江國香織 (1)
松本清張 (1)
パウルベッカー (1)
田中 純 (1)
マルセル・ブリヨン (1)
リディアディヴィス (2)
岡倉天心 (1)
川端康成 (3)
ロバート・L.ハイルブローナー (1)
安部公房  (1)
チャールズ・シミック  (1)
アドルフ・ロース (1)
シュー・ヤマモト (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
難波里奈 (1)
ギュスターヴ・フローベール (1)
エイミー・ベンダー (1)
尾崎翠 (1)
ブローティガン (1)
村上春樹 (1)
チャペック (1)
サガン (1)
ジョイス (1)
芸術+哲学 (1)
三島由紀夫 (1)
コルタサル (1)
円地文子 (1)
建築 (1)
加藤周一 (1)
ドストエフスキー (1)
丸谷才一 (1)
鈴木大拙 (1)
クッツェー (0)
哲学+文芸 (1)
リディア・デイヴィス (0)
堀江敏幸 (0)

ご訪問ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。