2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂のしぐさ - 2012.07.04 Wed

東京都美術館に行った帰り道、
少しお散歩しようかしらと思い谷中の方へと歩きだした。
梅雨空の中、上野桜木一丁目を通り
根津神社に行ってみようと思った。
途中に写真を撮りたい建物や紫陽花、お寺など
見つけたらどんどん撮っていく。
少し雨が降ってきたけど気にしない。
傘もささずに撮って、撮った後にカメラのレンズごしではなく
自分の目でその撮ったものを眺めて、風情があるなあとか
あの壁の蔦が素敵だなあとかどんどん思い出を心の中に入れていく。

坂を下りる途中の歩道が狭い。
雨がかなり降ってきたので私も傘をさして歩くことにする。
向こうから傘をさした小学生の男の子が歩いてくる。
わたしとすれ違う時に傘をさっと上にあげて
雨のしずくが私にかからないように歩道をすれちがった。
こころが温かくなった。
ますます楽しい気分で坂の歩道を下りていく。
向こうの方からもうひとり小学生の男の子が傘をさして歩いてきた。
すれ違う時男の子は傘をさっと少したたんですれちがった。
とってもやさしい気使いのタイミングで。

梅雨は前から好きだったが、もっと好きになった。
雨に濡れたお寺の石畳、家の垣根、この坂の歩道ならではのやさしいしぐさ。
ここの坂を散歩して、うれしい思い出が心の中に入りきれないほどたくさん。
その場所、街を好きになるってこういう事なのですねと思った。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

情景が浮かびます

雨の日のささやかな出来事。
心があたたまりますね。
情景が、ひしひしと伝わってきます。

掌編小説を読んでいるような、そんな気持ちになりました。
素敵な思い出のおすそ分けに感謝します。

道下 森さんへ

町の佇まい、通りを行き交うひとたちに
心があたたかくなり、元気をもらえました。

わたしの散歩の思い出の情景を
道下 森さんに共有して頂けてこちらこそ感謝します。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://happystar478.blog.fc2.com/tb.php/69-9405fafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

七夕に読みたい本   «  | BLOG TOP |  » さわがしい静物画

プロフィール

みどりのほし

Author:みどりのほし
女性 

本があると幸せ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
哲学 (9)
おしゃれ (1)
新書 (2)
音楽 (2)
芸術 (11)
文芸 (11)
日記 (22)
本にまつわる日記 (20)
文芸+長編詩 (1)
映画 (1)
文芸+芸術 (1)
生田耕作 (1)
アンドレ・ブルトン (1)
田中慎弥 (1)
堀江敏行 (1)
ジョルジョ・アガンペン (1)
和辻哲郎 (1)
マルクス・アウレーリウス (1)
宮沢賢治  (1)
マクニール (1)
ジャン・ボードリヤール (1)
三田完 (1)
小川洋子 (1)
江國香織 (1)
松本清張 (1)
パウルベッカー (1)
田中 純 (1)
マルセル・ブリヨン (1)
リディアディヴィス (2)
岡倉天心 (1)
川端康成 (3)
ロバート・L.ハイルブローナー (1)
安部公房  (1)
チャールズ・シミック  (1)
アドルフ・ロース (1)
シュー・ヤマモト (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
難波里奈 (1)
ギュスターヴ・フローベール (1)
エイミー・ベンダー (1)
尾崎翠 (1)
ブローティガン (1)
村上春樹 (1)
チャペック (1)
サガン (1)
ジョイス (1)
芸術+哲学 (1)
三島由紀夫 (1)
コルタサル (1)
円地文子 (1)
建築 (1)
加藤周一 (1)
ドストエフスキー (1)
丸谷才一 (1)
鈴木大拙 (1)
クッツェー (0)
哲学+文芸 (1)
リディア・デイヴィス (0)
堀江敏幸 (0)

ご訪問ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。