2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイルズ・フレッチャー - 2012.07.06 Fri

苑生の態はさながらに身を横たえし美女の
逸樂の夢にまどろみ、うつらうつら、
雙の瞼を大空に閉づる姿を想はしめたり。
光の花を繚亂と飾れる一つの輪の中に、
紺靑の天つみそらは、けざやかに閉ぢ込めてあり。
鳶尾の花、瑠璃色のその葉をつたふつぶらかの
露のきらめき、夕暮の靑きがなかにきららきらら
またたく星か、眼にしるくあらはれ初めぬ。

            ジャイルズ・フレッチャー。

ジャイルズ・フレッチャーは『キリストの勝利と凱旋』
と題する長詩の作者(1588頃―1623)

上記の句は『未來のイヴ』の第一章冒頭で引用されている詩です。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://happystar478.blog.fc2.com/tb.php/71-d9747e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ジャイルズ・フレッチャー】

苑生の態はさながらに身を横たえし美女の逸樂の夢にまどろみ、うつらうつら、雙の瞼を大空に閉づる姿を想はしめたり。光の花を繚亂と飾れる一つの輪の中に、紺靑の天つみそらは、け...

『和辻哲郎随筆集』 短文を通して描かれる夏目漱石 «  | BLOG TOP |  » 七夕に読みたい本  

プロフィール

みどりのほし

Author:みどりのほし
女性 

本があると幸せ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
哲学 (9)
おしゃれ (1)
新書 (2)
音楽 (2)
芸術 (11)
文芸 (11)
日記 (22)
本にまつわる日記 (20)
文芸+長編詩 (1)
映画 (1)
文芸+芸術 (1)
生田耕作 (1)
アンドレ・ブルトン (1)
田中慎弥 (1)
堀江敏行 (1)
ジョルジョ・アガンペン (1)
和辻哲郎 (1)
マルクス・アウレーリウス (1)
宮沢賢治  (1)
マクニール (1)
ジャン・ボードリヤール (1)
三田完 (1)
小川洋子 (1)
江國香織 (1)
松本清張 (1)
パウルベッカー (1)
田中 純 (1)
マルセル・ブリヨン (1)
リディアディヴィス (2)
岡倉天心 (1)
川端康成 (3)
ロバート・L.ハイルブローナー (1)
安部公房  (1)
チャールズ・シミック  (1)
アドルフ・ロース (1)
シュー・ヤマモト (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
難波里奈 (1)
ギュスターヴ・フローベール (1)
エイミー・ベンダー (1)
尾崎翠 (1)
ブローティガン (1)
村上春樹 (1)
チャペック (1)
サガン (1)
ジョイス (1)
芸術+哲学 (1)
三島由紀夫 (1)
コルタサル (1)
円地文子 (1)
建築 (1)
加藤周一 (1)
ドストエフスキー (1)
丸谷才一 (1)
鈴木大拙 (1)
クッツェー (0)
哲学+文芸 (1)
リディア・デイヴィス (0)
堀江敏幸 (0)

ご訪問ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。