2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花風鈴 - 2012.07.09 Mon

和の小物を置いているお店を訪れた。

藍色に染められた布で作られた小物や
トンボ玉がついた可愛らしい髪どめなどを眺めていると
なんとも軽やかな音色が聞こえてくる。
音色に誘われてそちらに行ってみると
お店のなかに風鈴を下げ、小さな扇風機で風を送り
風に揺られた風鈴が音を出していたのです。

透明なガラスに花が描かれぼかし塗りで
やわらかな表情の花。
音色と揺られている風鈴の姿を見つめていたら
この音色を聞きながら家にいる夏の時間を過ごせたら
良いだろうなあと思い、買って来た。

家に着いて箱を開け風鈴を取り出してみる。
さっそく軒下に下げてみたいと思ってしまうが
梅雨空には少し早い。軒下で風鈴を揺らし音を鳴らしてみたが
湿度の高い空気の中では軽やかな音色は聞けなかった。

私の風鈴のイメージは、真夏の日暮れに少しだけ涼しくなってきた時や、
夏の終わりに秋を心のなかで感じつつ聞く音色。
涼を求めるというよりも郷愁を求めるような。
せつなくなるような音色。

箱の中に風鈴の覚書のようなものが入っていたので読んでみた。

日本人は音に対する信仰心がとても強い。
鎌倉時代「六学集」という書物には軒下に風鈴を下げその音によって、
災いを防いだと書かれている。
江戸風鈴の丸型は、下の口の部分がギザギザに作られている。
これが江戸風鈴の涼やかな音色のひみつ。

ということが書かれていました。

鎌倉時代の人たちは風鈴の音色を聞いてどのような事を
思っていたかしらと考えながら
風鈴をそっと箱の中に閉まった。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

風流でいいですね

こんばんは。
子供の入院のことでは、いろいろとお気づかいいただきありがとうございました。
まだまだ落ち着きませんが、前よりは少し心にゆとりが出てきました。

つい先日の土曜日は、上京して子供の病院に行くついでに、
ビッグサイトで開かれていた「国際ブックフェア」に行って、
国書刊行会や河出書房のブースで散財してきました(笑)。
2割引きで本が買えると思うと、ついつい買いすぎてしまいます。

前置きが長くなってすいません(^^;)。
江戸風鈴ですか、風流でいいですねー。
涼しげなガラスの音色が聞こえてくるようです。

早く軒先につるして楽しめる季節が来るといいですね。
風鈴の音色を聴きながら、どんな本を読まれるんでしょう?

舞狂小鬼さま

こんばんは。
お子様、順調に回復されているご様子で何よりです。
少しずつ落ち着いてきて心にゆとりがもてるようになったのですね。

「国際ブックフェア」、わたしも行ったら買いすぎてしまいそうです(笑)。
2割引きで買えるんですものね。国書刊行会や河出書房の本は読みたい本がたくさんあります(^^)。
まだ行ったことがないので今度行ってみようと思います。

風鈴の音色を聴きながら読みたい本、まだ考えていませんでした(笑)。
やっぱり日本文学でしょうか、でも海外文学も良かったりして。
家の本棚で、未読のままになっている幸田文の著作が良いかなあ(^^)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://happystar478.blog.fc2.com/tb.php/73-9f9cd66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【花風鈴】

和の小物を置いているお店を訪れた。藍色に染められた布で作られた小物やトンボ玉がついた可愛らしい髪どめなどを眺めているとなんとも軽やかな音色が聞こえてくる。音色に誘われて...

『イタリア的カテゴリー』 ジョルジョ・アガンペン著 みすず書房 «  | BLOG TOP |  » 『和辻哲郎随筆集』 短文を通して描かれる夏目漱石

プロフィール

みどりのほし

Author:みどりのほし
女性 

本があると幸せ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
哲学 (9)
おしゃれ (1)
新書 (2)
音楽 (2)
芸術 (11)
文芸 (11)
日記 (22)
本にまつわる日記 (20)
文芸+長編詩 (1)
映画 (1)
文芸+芸術 (1)
生田耕作 (1)
アンドレ・ブルトン (1)
田中慎弥 (1)
堀江敏行 (1)
ジョルジョ・アガンペン (1)
和辻哲郎 (1)
マルクス・アウレーリウス (1)
宮沢賢治  (1)
マクニール (1)
ジャン・ボードリヤール (1)
三田完 (1)
小川洋子 (1)
江國香織 (1)
松本清張 (1)
パウルベッカー (1)
田中 純 (1)
マルセル・ブリヨン (1)
リディアディヴィス (2)
岡倉天心 (1)
川端康成 (3)
ロバート・L.ハイルブローナー (1)
安部公房  (1)
チャールズ・シミック  (1)
アドルフ・ロース (1)
シュー・ヤマモト (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
難波里奈 (1)
ギュスターヴ・フローベール (1)
エイミー・ベンダー (1)
尾崎翠 (1)
ブローティガン (1)
村上春樹 (1)
チャペック (1)
サガン (1)
ジョイス (1)
芸術+哲学 (1)
三島由紀夫 (1)
コルタサル (1)
円地文子 (1)
建築 (1)
加藤周一 (1)
ドストエフスキー (1)
丸谷才一 (1)
鈴木大拙 (1)
クッツェー (0)
哲学+文芸 (1)
リディア・デイヴィス (0)
堀江敏幸 (0)

ご訪問ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。